*

  1. » 浮島湿原

    浮島湿原は上川盆地と紋別郡の堺の峠にあります。標高は1000mあまり、70余りの小丘が湿原の中に点在し、湿原に浮かんでいるように見えることからこの名があります。浮島湿原は国道273の峠のトンネルの上を通る未舗装の旧道から入ります。森閑とした山の中では、キツツキやシマリスが出迎えてくれることがあります。11月から5月まで雪に閉ざされています。6月下旬から花が咲き始めます。

  2. » 錦仙峡

    北見山脈の主峰「天塩岳」を源流とする渚滑川は、滝上町の街の真ん中でサクルー川と合流しながら、紋別市の北西でオホーツク海にそそぎます。その渚滑川の滝上町の真ん中を流れる渓谷を「錦仙峡」と呼んでいます。渚滑川は滝上町から急流となり、左右には断崖がそびえ、いくつもの滝があります。春の花、夏のみどり、秋の紅葉、冬の雪景色、錦仙峡は四季折々の姿で楽しませてくれます。

  3. » オムサロ原生花園

    オホーツク海に面した海岸の砂浜と、渚滑川の河口にある湿原が融合した原生花園です。このため、海浜の植生と湿原の植生の両方を楽しむことが出来ます。

  4. » コムケ湖とシブノツナイ湖

    コムケ湖にはキャンプ場は原生花園があり、春から秋にかけて自然を楽しむことが出来ます。冬季には流氷番屋がオープンして厳しい冬を体験できます。

  5. » チミケップ湖

    北見市の南の山の中にある小さな湖がチミケップ湖です。この湖に至る道路は全て未舗装路のために訪れる観光客もまばらで、北海道では数が少なくなった人の気配を感じないところです。チミケップ湖にはトラウト釣りやバードウォッチングを楽しむ人が訪れます。

  6. » 濤沸湖と小清水原生花園

    網走と知床の中間にあるのが小清水原生花園と濤沸湖です。濤沸湖は小清水原生花園の一部に含まれていて、春から秋にかけて様々な花を見ることが出来ます。

  7. » フレペの滝と知床五湖

    世界遺産に登録された知床半島の斜里町がわには、知床自然センターから海岸の崖までの遊歩道と、知床五湖を巡る遊歩道があります。

  8. » 網走湖(呼人半島)

    網走から女満別にかけてに広がる湖です。オホーツク海とは距離がありますが、海水と淡水が混じる汽水湖です。冬季にはゴマフアザラシが網走川を遡ってやってきます。網走湖に着き出した呼人半島と天都山の麓の呼人浦に挟まれた入り江は、風も防がれて穏やかでカヌーで遊ぶのに最適です。野鳥も多く夏でもオジロワシを見ることが出来ます。

  9. » 屈斜路湖(和琴半島)

    遊歩道がある和琴半島は、その付け根が砂浜となっていてカヌーの発着に便利です。

  10. » 天塩岳(滝上登山道)

    北見山地の最高峰、天塩岳の登山口は上川側(朝日町)が有名ですが、オホーツク海側の滝上町からも登山道が設けられています。ヒュッテや避難小屋が設けられている上川側の登山口と違って、滝上側は利用する登山者も少なく、野趣あふれる雰囲気が一杯です。

  11. » 知床:冬のウトロ沿岸

    知床の観光の拠点となるのがウトロ温泉です。そのため知床半島のオホーツク海岸側では観光客も多く見られます。しかし、まだまだ観光客が見逃している場所が残されています。

  12. » 知床:夏のウトロ沿岸

    観光客が爆発的に増えてしまい、ゆったりと自然に浸ることは出来なくなりましたが、様々な法的な措置などで自然そのものは保持されています。観光客の喧噪さえ我慢出来れば豊かな自然を満喫出来ます。